全国実力薬局100選 5部門受賞薬局
便秘改善.net
1日1杯の漢方茶 漢方のサツマ薬局の楽々するり温茶
紅豆杉(こうとうすぎ)・タキサス・白豆杉(はくとうすぎ) 統合医療相談室
松寿仙
妊活応援サイト
漢方のサツマ薬局の妊活応援サイト
サツマ薬局相談用ラインアドレス
サツマ薬局HAT神戸店は健康サポート薬局です
サツマ薬局へのメディア取材はこちらへ
サツマ薬局の在宅訪問
漢方のサツマ薬局へのお客様の声
漢方のサツマ薬局でご相談の多い症状
便秘症・宿便
不妊症
めまい・耳鳴り・突発性難聴
眼病
がん
糖尿病
その他の症状
漢方についてのQ&A
統合医療とは
免疫について
漢方のサツマ薬局 楽天店
漢方のサツマ薬局 Yahoo店
薬剤師募集
楽々するり温茶イベント
妊活セミナー(妊活支援市民講座)
日本統合医療学会
子宝カウンセラーの会
ピンクリボン
盛和塾
 

眼病の治療・予防法と漢方学

  

西洋医学での治療方法

-医薬品や手術による治療-

白内障の医薬品  

■カタリン、カリーユニ(ピレノキシン)

白内障の進行を遅らせる目薬で、長期に使用することが多いです。 一度混濁した水晶体を回復させることは出来ないため、まだ視力が保たれている初期の段階に用います。

白内障が進行して日常生活に不便を感じる場合は手術を行います。 (手術をしても再発する可能性があります)

 

緑内障の医薬品(点眼)

■プロスタグランジン製剤、抗コリンエステラーゼ薬、炭酸脱水酵素阻害剤、 交感神経刺激役、副交感神経刺激薬、β遮断薬、α1遮断薬など

緑内障の種類や進行度によって、使用する種類を決めていきます。複数の薬を併用することもあります。

 

  【点眼薬の副作用】

眼瞼炎、皮膚炎、びまん性表層角膜炎、結膜の充血、痒み、刺激感や痒みなど  

【内服薬の副作用】

痒みや発疹、肝機能障害、発疹や胃の不快感、嘔吐、下痢、発熱など

 

 

東洋医学での治療方法

漢方では、主に「肝血」や「腎精」の流れの停滞や不足に原因があると考えます。  

腎虚・・・目の病気になったり眼精疲労が起こる

肝血虚・・・『血』が不足して目に栄養が行き渡らない

点眼薬で症状が改善しないときは、内臓の働きが弱っているかもしれません。

 

肝臓の弱りを改善させる 目は多くの栄養素を必要としますが自分では作れません。肝臓で作ったものを目に供給するのです。 目の症状は肝臓の弱りによる目の栄養失調状態が原因です。      

血液の流れを良くする いくら肝臓がしっかりと働いていても栄養の供給ルートとなる血液が流れにくいと、目にしっかりと行かず、結果的に目の栄養失調状態となり症状が出るのです。      

腎臓の弱りを改善させる 眼球の中は硝子体というゼリー状の物質があり、99%が水分ですが腎臓が弱くなると、硝子体の水の代謝が悪くなり、(いわば水が古くなると濁った状態になるのと同じになり)症状が出るのです。

 

 

■目に効果的な食事

食事療法 目の疲れや病気は肝・血・腎と深く関わっています。 食生活を見直し、目の栄養源である肝と腎の働きを補う食べ物をとるようにしましょう。日頃からバランスのとれた緑黄色野菜たっぷりの食事を心掛け、元気な血を作り、栄養が目まで行き渡るようにすることも大事です。

肉・ハム・ソーセージ・油脂・甘いものなどの摂り過ぎに注意し、目が疲れているときは香辛料や刺激物を控えるのもいいです。  

 

 

 

・目に効果的な栄養素

 

①ビタミンA

【代表的な食べ物】

うなぎ、レバー、しそ、大根の葉、モロヘイヤ、にんじん、パセリ、春菊、 ほうれん草などの緑黄色野菜 (体内でビタミンAと同じ働きをするカロチンを含みます)

  【こんなお悩みに】

暗い所で見えにくい、目が乾きやすい    

 

②ビタミンB1

【代表的な食べ物】

豚肉、うなぎ、レバー、豆類(大豆、小豆、枝豆、グリンピースなど)、玄米、 干ししいたけ(乾)、カシューナッツ、落花生、モロヘイヤ、パセリ、など  

【こんなお悩みに】

目が疲れやすい    

 

③ビタミンB2

【代表的な食べ物】

うなぎ、いわし、いかなご、レバー、納豆、牛乳、卵、納豆、アボガド、アーモンド、モロヘイヤ、しそ、干ししいたけ(乾)、きくらげ(乾)、焼きのり、ひじき(乾)など  

【こんなお悩みに】

目が疲れやすい  

 

④ビタミンC

【代表的な食べ物】

ピーマン、パセリ、芽きゃべつ、ブロッコリー、カリフラワー、ケール、モロヘイヤ、かいわれ大根、かぶの葉、とろろこんぶ、柿、キウイ、いちご、きんかんなど

 【こんなお悩みに】

ストレスからくる疲れ目、充血など      

 

■目の周りにある8つのツボ

テレビやパソコン、乗り物の運転や細かい手仕事などで目を酷使している方も多いかと思います。疲れたと感じたら意識して目を少し休め、遠くを見て緊張状態を解いたり、蒸しタオルをしたり、目に効くとされるツボを刺激することも効果があります。 ここでは、目の血行をよくする8つのツボをご紹介します。       目のツボ    

 

1.攅竹(さんちく)

近視や老眼、目の痛み、頭痛、三叉神経痛、目の疲れ、めまいなどに良い

  【位置】

眉毛の鼻側、目頭のやや上のへこんだ部分  

【押し方】

目を閉じた状態で、親指(または人差し指)で上45度の角度で指圧する。

 

2.魚腰(ぎょよう)

乱視、白内障、老眼、目の周りがピクピクするなどの症状に良い

  【位置】

眉毛の中央(鏡をまっすぐ見たときに黒目の真上になる部分)

  【押し方】

目を閉じた状態で、親指で上45度の角度で指圧する。 強く押しすぎると逆効果になるので「痛気持ちいい」程度の強さで押しましょう。  

 

3.絲竹空(しちくくう)

目の疲れ、充血、結膜炎、頭痛、めまいに良い

  【位置】

眉毛の一番外側の少しくぼんでいる所  

【押し方】

人差し指で指圧し、中指を軽くそえて位置を安定させる。 強く押しすぎると逆効果になるので「痛気持ちいい」程度の強さで押しましょう。     

 

4.晴明(せいめい)

目の疲れ、頭痛に良い

  【位置】

目頭のやや上と鼻の間のくぼんでいる部分  

【押し方】

『目頭のやや上あたり』を、鼻に向かって『垂直の角度で』静かにゆっくりと押しましょう。      

 

5.承泣(しょうきゅう)

目の疲れや涙目、かすみ目などに良い

  【位置】

鏡をまっすぐ見たときに、黒目の真下になる部分 非常に小さいくぼみ

【押し方】

中指で押し下げるように指圧し、人差し指と薬指をそえて位置を安定させる。 眼球を圧迫してしまう危険があるので、指を目の方向に深く入れすぎたり、 骨の裏側に指をひっかけないようにすること。  

 

6.瞳子(どうし)

目の疲れ、目の充血やかすみ目、頭痛に良い

  【位置】

目尻から親指1つ分位外側

【押し方】

人差し指の腹を使って、弱く指圧します。

 

7.太陽(たいよう)

老眼、頭痛、偏頭痛、顔面神経痛、三叉神経痛、歯の痛みにも良い

  【位置】

目尻からもみあげの間にあるくぼみ 【押し方】 人差し指で指圧し、位置がずれないように中指で安定させる。他の指も軽くそえる。 力をかける方向に目があるので、押し過ぎないこと。

 

8.陽白(ようはく)

頭のなかがスッキリ爽快になります。蓄膿症(ちくのうしょう)にも良い

  【位置】 まゆ毛のまん中(魚腰のツボ)の2センチ上の部分。小さいくぼみ 【押し方】 中指で直角に押す。 かなりの痛みがあるので、押し過ぎずに「痛気持ちいい」程度の強さで押しましょう。

 

 

 


神戸の地で創業100年 漢方のサツマ薬局 | 眼病の治療・予防法と漢方学 の先頭へ