全国実力薬局100選 5部門受賞薬局
便秘改善.net
1日1杯の漢方茶 漢方のサツマ薬局の楽々するり温茶
紅豆杉(こうとうすぎ)・タキサス・白豆杉(はくとうすぎ) 統合医療相談室
松寿仙
妊活応援サイト
漢方のサツマ薬局の妊活応援サイト
サツマ薬局相談用ラインアドレス
サツマ薬局HAT神戸店は健康サポート薬局です
サツマ薬局へのメディア取材はこちらへ
サツマ薬局の在宅訪問
漢方のサツマ薬局へのお客様の声
漢方のサツマ薬局でご相談の多い症状
便秘症・宿便
不妊症
めまい・耳鳴り・突発性難聴
眼病
がん
糖尿病
その他の症状
漢方についてのQ&A
統合医療とは
免疫について
漢方のサツマ薬局 楽天店
漢方のサツマ薬局 Yahoo店
薬剤師募集
楽々するり温茶イベント
妊活セミナー(妊活支援市民講座)
日本統合医療学会
子宝カウンセラーの会
ピンクリボン
盛和塾
 

便秘・宿便の治し方と漢方学

  

ここでは、便秘解消が期待できる効果的な方法を5つ紹介します。

1.便秘症に効果的な食事

2.便秘症に効果的な運動

3.便秘症に効果的なマッサージ

4.便秘症に効果的なツボ

5.便秘症改善をサポートする生薬

 

 

 

1.便秘症に効果的な食事

腸を元気にするにはやはり、毎日の食事はとても大切です。

ファストフードや添加物いっぱいの加工食品ばかり食べていると、いくら生活に気をつけていても意味がなく、肉類の食べすぎも悪玉菌を増やしてしまいます。 まずはどんな食事が腸に良いのかを知り、腸にやさしい食品を日々の食事に取り入れるように心掛けてみましょう。

 

腸に必要な栄養素・食品

 

・水溶性食物繊維

【特長】 ・腸の中で溶けて、食べ物のカスをからめ取ったり、善玉菌のエサになったりする ・果物、海藻、に多くふくまれる

【含有量の多い食品】 にんにく、ゆりね、ごぼう、オクラ、あしたば、インゲン豆、芽キャベツ、ゆずの果皮、きんかん、レモン、こんぶ、わかめ、エシャロット

 

・不溶性食物繊維

【特長】 ・腸の中で水分を吸ってふくらみ、腸壁を刺激して蠕動運動を促す ・穀類、イモ類、豆類に多く含まれる

【含有量の多い食品】 インゲン豆(ゆで)、ひよこ豆(ゆで)、シソの実、くり、えんどう豆(ゆで)、よもぎ、きくらげ、干ししいたけ

 

・オリーブオイル

【特長】 ・主成分であるオレイン酸は小腸で吸収されにくいため、小腸、大腸に行きわたり便の滑りをよくする

 

・オリゴ糖

【特長】・消化吸収されず、腸まで届き、腸内細菌(善玉菌)のエサになり、その数を増やす

 

・乳酸菌

【特長】 ・さまざまな種類があるので、いろんな食品からバランスよく摂取するのが好ましい ・日本の伝統的な食品に豊富に含まれている

【含有量の多い食品】 ヨーグルト、チーズ、味噌、ぬか漬、すぐき漬、キムチ、ザーサイ、サワークラウト

 

・その他

水分(水)を十分とるということも忘れてはいけません。 朝起きてすぐ、コップ1杯の水をとることは、胃や腸を刺激し、活発にします。 朝は排泄の時間と言われております。その時間帯にしっかり排便する環境を整えるようにしましょう。

 

 

2.便秘症に効果的な運動

適度な運動は身体にも良い上、便秘解消にも良いので、日々の生活に少しでも取り入れるようにしてみてください。 特に便秘解消に良い運動は、有酸素運動と、腹筋を鍛えることです。

 

・有酸素運動

歩行や自転車などの有酸素運動は、全身を使って、1回10分~20分、週に3回程度行うのが良いとされています。有酸素運動には様々な効果があり、その中の一つには、副交感神経を高めて交感神経を抑えることで、胃や大腸を活発に活動させるという効果もあります。

毎日の通勤時にひと駅分だけ歩くなど、日々の生活にうまく取り入れてみてください。

 

・腹筋

大腸では蠕動運動によって便を先へ先へと送り出していますが、腹圧が弱いとこの運動がスムーズに行われません。そこで腹筋を鍛えることで、この運動を助けることができるのです。

便秘解消には適度な運動、便秘の解消方法として、腹筋を鍛えるのが良いとは、腹筋が弱っているため、便を出すことが出来ない人もいるためです。腸の回りの筋肉・腸腰筋を鍛えると便が出やすくなります。

腹筋の鍛え方

腹筋をする際は、仰向けに寝た状態から膝を曲げ頭の後ろで手を組み、お腹を見て意識しながら上体を起こします。

上体を起こしきらず、おヘソが見えるところまで起き上がれば十分効果があり、元の状態に戻る際にもゆっくりと身体を倒し、床に体を完全に付けてしまわず少し浮かした状態にし、直ぐ上体を起こすという動作を繰り返すことによって、より一層の効果が期待できます。 最初はあまり無理をせず、10回程度を目安に行うようにしてください。

 

・腹式呼吸

腹式呼吸をマスターすると、自律神経を意識的にコントロールすることができるようになり、副交感神経が優位な(リラックスした)状態になります。また、腹式呼吸で横隔膜を上下運動させることによって内臓をマッサージすることになり、血行もよくなります。とっても簡単なので、ぜひマスターしてみてください。

腹式呼吸の方法

1. お腹に手をあてて、鼻からゆっくり息を吸い込みます。

丹田(おへその下)に空気を貯めていくイメージでお腹の膨らみを手で確かめてください。

2. 口からゆっくり息を吐き出します。

お腹をへこませ、吸う時の倍ほどの時間をかけ、身体中の悪いものをすべて出しきるつもりで吐くのがポイントです。腹式呼吸の途中では、息を止めないようにしてください。

 

あまりしすぎると、立ちくらみや手足のしびれなどを感じることもあるので、長時間行うのではなく、毎日続けて行うということが大切です。 また、いつ行っても良いですが、リラックスした雰囲気で行うようにしましょう。 便秘解消だけでなく、体脂肪燃焼効果や冷えの解消も期待できます。

 

 

3.便秘症に効果的なマッサージ

腸もみマッサージは、直接腸を刺激することによって、腸全体の蠕動運動を促進させます。

腸全体を刺激することにより、お腹の深部にあるリンパ管も同時にほぐし、新陳代謝を高めて、より体の老廃物を排出させる手助けとなるのです。マッサージを続けることによって、体がポカポカし、代謝が上がっている感覚が次第に分かるようになります。

腸もみには色々な方法がありますが、いつでも簡単にでき、便秘解消だけでなく、ダイエットやむくみ解消にも効果的ですので、是非毎日の生活に取り入れてください。 お風呂上りのリラックスした時間に行うのが一番効果的です。ただし、食後30分以内、飲酒時、生理中、妊娠中などはしないよう、気をつけてください。

 

〔腸全体〕3分程度行う方法

1. 仰向けに膝を立てて寝る

2. 両手を使ってお腹全体を波打たせるように上下に動かす。少し強めに行う。

 

〔小腸〕5分程度行う方法

1. 仰向けに寝る

2. おへそを中心に直径3㎝ほどの円を時計回りに描くように揉み押していく。

3. 痛みや張りを感じた箇所は重点的にもむようにする

 

〔大腸〕30~40回程度行う方法

1. 寝そべった状態で膝を曲げ、左足に右足をかけ、足を組む。

2. 右側を下にして横に寝る

3. 左脇腹の一帯を左手でゆっくりもみほぐす。肋骨の下から腰の付け根辺りまでまんべんなく行います。

 

 

4.便秘症に効果的なツボ

手軽にできる便秘解消のツボをご紹介しますので、是非ツボの場所を覚えてください。

ツボ押しの際のポイントは、1カ所につき1分半~2分程を目安に、息を吐きながらイタ気持ち良い位の強さで押し、吸う時には力を抜くこと。妊娠中やツボ周辺に怪我がある場合、食後30分以内、飲酒時、発熱時、手術後などは行わないでください。

便秘症に効果的なツボ

 

・身体のツボ

・天枢(てんす)

おへその両わき外側へ、指幅3本ずれたところです。 このツボを上下にさするように、お腹が温かくなる感じがするマッサージを続けることで、大腸の失調を回復させます。

 

・手のツボ

・第2二間(だいにじかん)

人差し指の付け根、中指側のわきにあるツボです。 刺激を加えると消化器官系の働きが高まり、腸を元気に戻すことで排便に繋がるので、毎朝食時の後、ここをよく揉むようにします。

 

・合谷(ごうこく)

親指と人差し指の付け根の骨が交わるところの内側です。 トイレに行く時(トイレに座って)、このツボを反対側の手の親指と人差し指ではさんで揉みます。 大腸の働きを調整し、排便を通して体の解毒作用を活発にしてくれるツボです。

 

足のツボ

・足三里(あしさんり)

ひざから指幅4本下がったところで、すねの外側にあるふくらみ(頸骨)のへりです。 胃腸を整え、心身への栄養補給を促します。

 

 

5.便秘症の改善をサポートする生薬

一般に市販されている下剤に含まれているセンナやアロエ、大黄といったアントラキノン系の成分は、便秘症に対して応急的には効果を発揮するかもしれませんが、一方で身体に様々な悪影響(『大腸メラノーシス』や『冷え性』など)を及ぼしかねません。

そこで、漢方のサツマ薬局がオススメする『便秘症をサポートする生薬』をご紹介します。『便秘症をサポートする生薬』とは、即効性があり、副作用が出てしまう恐れのあるものではなく、常用することでゆっくりと便秘症の改善をサポートする生薬のことです。

 

・醗酵金華茶(黒茶)

醗酵金華茶(黒茶) おなかスッキリ成分。 油っぽい食事が好き、外食することが多い、野菜が不足がちで不規則な食生活をされている、肥満が気になる、そんな方に。食事後にサッパリする効果が期待できます。

 

・プーアール茶(黒茶)

プーアール茶(黒茶) デトックスに『プーアル茶』とは有名ですね。 プーアル茶には脂肪分解を促進する作用があるとされており、ダイエットや健康をより強力にサポートしてくれます。

 

・サラシア・レティキュラータ(コタラヒム)

サラシア・レティキュラータ(コタラヒム) サラシア・レティキュラータは、スリランカ地方にしか自生しない貴重な植物。 古くから薬木として利用されている、ダイエット、お通じのサポート茶として人気です。 便秘症に陥ると、腸が汚れることが原因でお肌が荒れてしまうなど、様々な間接的な症状も現れます。 腸は内臓の鏡、根本である中身から改善していきましょう。

 

・冬葵(フユアオイ)

冬葵(フユアオイ) 小腸に働きかけるてお通じをスムーズにし、健康的に自然なダイエットの手助けをしてくれます。

 

・ハマナスの花

ハマナスの花 ビタミンCが豊富で女性の悩みに期待できる、エステティシャン一押しのビューティー成分です。

 

・チコリ

チコリ チコリの根は焙煎すると香ばしくほろ苦い、コーヒーのような風味。利尿作用があるため、むくみなどの改善にも効果的です。

 

その他の生薬

キダチアロエ、蒲公英、玉葱の皮、オレンジピール、どくだみ、ハブ茶、ほうじ茶、桑の葉、隈笹、黒大豆など、便秘症をサポートする生薬は他にもたくさん存在します。

 

その他の生薬

 

ここでは便秘解消に役立つ漢方を紹介しましたが、

漢方は一人ひとりの体質に合わせて服用することが大切なので、

まずは専門のカウンセラーにご相談下さい。

 

 


神戸の地で創業100年 漢方のサツマ薬局 | 便秘を解消されたお客さまの声 の先頭へ