現在のページ : 神戸の地で創業100年 漢方のサツマ薬局 の ホーム > ご相談の多い症状 - めまい・耳鳴り・突発性難聴 - めまいについて

めまいについて

めまいの種類

 

 

 

 

■耳を原因とするめまい

 

耳が原因で起こるめまいを、『末梢性めまい』といいます。


三半規管に栄養を送る血管が精神的なストレスなどで収縮すると働きが低下し、 誤った情報が三半規管から小脳に送られ、その結果小脳の働き(情報の統合やバランス維持の指定)に混乱が生じ、めまいが発生するのです。

 

その他、めまいを起こす耳の病気としては『突発性難聴』、『メニエール病』、『良性発作性頭位めまい性』、『前庭神経炎』などが一般的に知られています。

 

耳鳴り・難聴を伴う…メニエール病、突発性難聴
耳鳴り・難聴がない…BPPV(良性発作性頭めまい症)、前庭神経炎

 

 

■脳を原因とするめまい

 

脳の病気が原因で起こるめまいを『中枢性めまい』といいます。


小脳には、『椎骨動脈』や『脳底動脈』からの酸素や栄養が送られています。ストレスによる血管収縮や動脈硬化などで動脈血に障害が起こり必要な酸素や栄養が不足することで、小脳の働らきが低下することで起ります。

 

『脳梗塞』、『脳出血』、『脳腫瘍』など重篤な病気があります。

 

 

■心因性のめまい

 

不安や心配事、ストレスが続くとめまいが起こる事があります。


合併する症状…眠れない、食欲がない、肩こり

 

 

 

めまいを起こす原因

 

身体の平衡感覚やバランスは、目や耳などから得た情報が脳に送られ小脳にある平衡中枢が総合的に判断し、小脳でバランスの維持に重要な役割を果たします。

 

めまいはこれらの器官や情報の通りに障害が起こり、平衡感覚や情報判断に乱れが生じるために起こります。

 

中医学では、ふらふらする、目がかすむ、頭がふらつく、周囲が回転したり揺れ動いたり、酷いと立っていられないなど、吐き気を伴うものを『めまい』と定義しています。

 

 

 

■中医学によるめまいの判断と発生原因

 

1. 

体内で生まれた病院物質(風や火)によって脳が興奮状態になった場合

 

2. 

 

五臓六腑の肉体面と機能面がバランスを失い、基本物質(気、血、水、精、津液)が十分に作られず、脳に滋養できないために脳の機能が低下

3. 

基本物質(気、血、水、精、津液)病因(気虚、血虚、陰虚、陽虚、津液不足、気滞、水毒、瘀血)によって情報伝達が出来なくなった。

 

中医学(漢方)では体外から侵入した精神のバランスが失われたために発生するものを『実邪』、内臓機能が衰え全身活動に必要な物質が不足して起るものを『虚邪』といい、継続して起るめまいの他に、極度のストレスで突発的に起るめまいや気候・気圧変動などで起るめまいもあります。


継続する内因性のめまいは、喜、怒、哀、楽、憂、などの精神激変で発生する場合は長期化する場合が多く、中医学の得意とする分野です。

 

 

 

内因性めまいの種類と漢方薬で使われる生薬

 

■気虚性めまい

 

<特徴>

 

体が疲れる、元気がない、食欲がない、軟便下痢か便秘、顔に艶がない


<必要となる生薬>

 

人参(ニンジン)、蒼朮(ソウジュツ)、白朮(ビャクジュツ)、茯苓(ブクリョウ)、半夏(ハンゲ)、牛黄(ゴオウ)など

 

 

■陽虚性めまい


<特徴>

 

体が疲れる、手足が冷える、冷えると症状が悪くなる、お小水の回数が多い


<必要となる生薬>

 

人参(ニンジン)、蒼朮(ソウジュツ)、白朮(ビャクジュツ)、茯苓(ブクリョウ)、半夏(ハンゲ)

 

 

■血虚性めまい

 

<特徴>

 

肌に艶がない、目がかすむ、頭がふらつく、爪の色が悪い


<必要となる生薬>

 

人参(ニンジン)、黄耆(オウギ)、当帰(トウキ)、地黄(ジオウ)、白朮(ビャクジュツ)、茯苓(ブクリョウ)、芍薬(シャクヤク)など

 

 

■出血性めまい

 

<特徴>

 

出血で発生、顔が青白い、動悸がして汗が出る、舌が淡白で薄い

 

<必要となる生薬>

 

当帰(トウキ)、川きゅう(センキュウ)、芍薬(シャクヤク)、地黄(ジオウ)、蒼朮(ソウジュツ)、白朮(ビャクジュツ)、茯苓(ブクリョウ)、人参(ニンジン)など

 

 

■腎虚性(陰虚)めまい

 

<特徴>

 

耳鳴り、脱毛、歯が抜ける、物忘れ、精力低下、足のだるさ、腰痛

 

<必要となる生薬>

 

地黄(ジオウ)、山茱萸(サンシュユ)、山薬(サンヤク)、茯苓(ブクリョウ)、沢瀉(タクシャ)、牡丹皮(ボタンピ)、桂皮(ケイヒ)、附子(ブシ)、牛黄(ゴオウ)など

 

 

■気鬱性めまい

 

<特徴>

 

自律神経の緊張が強く、胸苦しい、胸のつかえ、呼吸が早く短い

 

<必要となる生薬>

 

香附子(コウブシ)、蘇葉(ソヨウ)、陳皮(チンピ)、甘草(カンゾウ)、生姜(ショウキョウ)など

 

 

■痰陰性めまい

 

<特徴>

 

色白の痰が多い、胸苦しい、手足のだるさ、頭痛、不眠、いらいら

 

<必要となる生薬>

 

猪苓(チョレイ)、牛黄(ゴオウ)、茯苓(ブクリョウ)、蒼朮(ソウジュツ)、白朮(ビャクジュツ)、沢瀉(タクシャ)、桂皮(ケイヒ)など

 

 

■風痰性めまい

 

<特徴>

 

めまい、頭痛、両目のちかちか、身体が重くすぐ横になる、吐き気がする、胸の辺りが詰まる

 

<必要となる生薬>

 

半夏(ハンゲ)、白朮(ビャクジュツ)、牛黄(ゴオウ)、茯苓(ブクリョウ)、沢瀉(タクシャ)、天麻(テンマ)、人参(ニンジン)、黄耆(オウギ)、乾姜(カンキョウ)、陳皮(チンピ)、黄柏(オウバク)、麦芽(バクガ)、生姜(ショウキョウ)など

 

 

 

多くの内因・外因によって耳鳴り・めまい又突発性難聴・メニエールなどを併発する場合があり、西洋医学での治療だけでは中々回復が難しい疾患になります。


しかしながら中医学(漢方)が大変得意とする、疾患になりますので諦めずにご相談くださいませ。

神戸の地で創業100年 漢方のサツマ薬局 | めまいについて の先頭へ