赤ちゃんが欲しい その思いに全力で寄り添います
現在のページ : 神戸の地で創業100年 漢方のサツマ薬局 の ホーム > ご相談の多い症状 - 不妊症 - 不妊症について

創業100年漢方のサツマ薬局の子宝相談(妊活相談)

子宝を授かるためには、ご夫婦の身体レベルを今より少し高めてあげなければなりません。

 

例えば、子宮の放射状動脈の発育、血流を良くすることがキーポイントであり、元気な卵、赤ちゃんが宿る子宮内膜(いわゆるふかふかのベッド)を作ることが大切です。

 

漢方のサツマ薬局の子宝カウンセラーは、国際東洋医学会、日本不妊学会や婦人科の勉強会など、子宝相談(妊活相談)における最新の知識を得るための会合に積極的に参加させていただいております。

 

 

創業100年漢方のサツマ薬局の子宝相談(妊活相談)

>> 不妊症について

 

>> 不妊症の治療法と食事

 

>> 子宝相談(妊活相談)の内容と流れ

 

>> お客様からいただいたお声

 

>> よくある質問と回答

 

>> 子宝カウンセラーのご紹介

 

 

 

不妊症について

不妊症の原因

 

不妊症について

不妊症の原因は…

 

・女性 : 40%

・男性 : 40%

・両方 : 10%

・わからない : 10%

 

不妊症というと女性因子ばかりが注目されることが多かったようですが、近年はストレス社会になり、また環境ホルモンの影響等により、男性不妊の率も増加していきているとの報告があります。

 

不妊症は夫婦の病気です。

 

 

 

 

 

◆男性因子

・造精機能障害 … 精子を作る機能に異常があり、精子をうまく作れない症状
・精路障害 … 精巣から精子が正常に輸送されない症状
・射精障害 … うまく射精できない症状

◆女性因子

・卵管トラブル … 卵管閉塞、卵管狭窄、卵管囲癒着など
・排卵トラブル … ダイエット、高プラクチン血症、多嚢胞性卵巣症候群など
・子宮トラブル … 子宮奇形、子宮筋腫、子宮内膜症など

◆男女の因子

卵と精子の相性の問題、免疫のトラブルなど

◆その他の因子

頚管因子、受精障害、他疾患、肥満、甲状腺、糖尿病、ダイエット、ストレスなど

 

 

不妊症のタイプは大きく分けて6タイプ

 

①律虚陰虚タイプ

虚熱による内熱

②血虚タイプ

血における栄養と潤い不足

③気虚タイプ

気の不足による臓腑の機能低下

④痰湿タイプ

水分の停滞

⑤気滞タイプ

気の停滞

⑥ミックスタイプ

現代人はほとんどがこのタイプ

時代の流れかストレスが多いため、複雑な身体になっているようです

不妊症の治療法と食事

 

西洋医学における不妊症の治療法

 

西洋医学における不妊症の治療法

西洋医学と東洋医学には、それぞれ得意な不妊症があります。

 

・西洋医学 … 原因のわかる不妊症

・東洋医学 … 原因のわからない不妊症

東洋医学で西洋医学では結果の出にくい不妊症を後押しします。

 

 

1.タイミング
2.人口受精(AIH)
3.体外受精(IVF)
4.顕微鏡受精(ICIS)
5.精巣精子の利用(TESE) 

 

 

 

◆一般検査

・血液検査
・超音波検査
・膣分泌物検査
・子宮頸管粘液検査
・精液検査
・ヒューナー検査(重要)
・卵管通気・通水検査
・子宮卵管造影(重要)

・AMH(抗ミュラー管ホルモン)検査

・子宮鏡検査

◆ご自身でできる検査

・基礎体温チェック
・尿中LHチェック
・生理痛チェック
・頚管粘液チェック
・愛情チェック

 

 

不妊症にまつわる食事

 

男女の生殖機能の盛衰は、腎にあり。


それに『気虚』や『血虚』が関係しているため、腎力を高めるには『肝・心・脾・肺・腎』と『気・血・水』、それぞれのバランスを整えることが大切です。

 

不妊治療(妊活)にとって、夫婦仲が良いことはもちろんですが、日常生活で気をつけておきたいことは一般的に他の病気と同じで、身体を冷やさないこと、快眠、快便、快食(バランスのよい食事)です。

 

 

◆食べた方がよいもの

黒いもの(黒ゴマ、黒豆、ひじきなど)

◆食べない方がよいもの

身体を冷やすもの(熱帯の食べ物)、梨

子宝相談(妊活相談)は専門の子宝カウンセラーまで、お気軽にご相談ください♪

 

 

 

 

子宝相談(妊活相談)の内容と流れ

『不妊症はお友達にはなかなか相談しにくい』、という方が多いのではないでしょうか。


いざ相談してみても、正しい不妊症の知識を教えてくれる友人というのはなかなかいないというのが現状で、 噂やインターネット上の知識に惑わされ、かえって不安になってしまうものです。

 

また、漢方薬などは体質によっては効果があったりなかったり、ご自身でも意識していない生活習慣や良かれと思ってやっていたことが不妊症の原因であったりすることもあります。

 


漢方のサツマ薬局の子宝カウンセリングの様子

 

漢方のサツマ薬局の子宝相談(妊活相談)では、専門の漢方アドバイザーや漢方カウンセラーが対応いたします。

 

人に話すことで頭の中が整理されることもありますので、まずはご相談され、心の荷物を下ろしてみてはいかがでしょうか。

 

お客様の顔色や髪、舌(舌診)などを直接拝見した上で、血流計による測定を行い、 お客様に合った漢方薬や健康食品をご提案させていただきます。

 

 

 

 

※カウンセリングは約1時間ほどで、お一人様にしっかり時間を費やすため、完全予約制となっております


 

 


漢方のサツマ薬局の子宝相談の流れ

 

 

 

子宝相談(妊活相談)は専門の子宝カウンセラーまで、お気軽にご相談くださいませ♪

 

 

 

 

漢方のサツマ薬局の妊活相談の出産報告・妊娠報告

出産報告をいただきました

 

 

 

 

 

漢方のサツマ薬局の子宝相談(妊活相談)への喜びのお手紙

漢方のサツマ薬局の子宝相談(妊活相談)への喜びのお手紙

漢方のサツマ薬局の子宝相談(妊活相談)への喜びのお手紙

漢方のサツマ薬局の子宝相談(妊活相談)への喜びのお手紙

 

 

 

 

◆今まで良い卵がなかなかできない、排卵しない私だったのに…

 

 

※画像をクリックすると拡大されます

 

 

 

 

◆このご縁にとても感謝しています

 

 

※画像をクリックすると拡大されます

 

 

 

 

◆「貴女の卵では無理」だと体外受精を勧められていました…

 

<女性33歳 男性46歳>


人口受精8回、3年間を費やしても妊娠せず、ドクターには「貴女の卵では無理」だと体外受精を薦められていました。
しかしあくまでも自然妊娠にこだわり、漢方のサツマ薬局で生活指導、サツマ療法を受け、6ヶ月で自然妊娠。

見事、女児が誕生しました。

 


基礎体温

 

 

 

◆『良質な卵』が採れなくなってしまい…

 

<女性42歳>


不妊治療6年(人口受精6回、体外受精5回、顕微鏡受精3回)。
『良質な卵』が採れなくなってしまい、サツマ療法に変更。
結果、『良質な卵』が採れるようになり妊娠。

 


g3-1

 

 

◆貧精子症(男性不妊症)で体外受精を勧められていましたが…

 

<男性35歳>


『貧精子症(男性不妊症)』で体外受精を勧められていましたが、自然妊娠希望。
生活指導とサツマ療法を受け、12ヵ月で子宝に恵まれ、男児を授かりました。

 


貧精子症

 

 

 

よくある質問と回答

月経周期が不安定です。漢方で治療できますか?

漢方治療でその方の身体のバランスを整えることで、『気・血・水』のめぐりを良くしていきます。

 

『肝・心・脾・肺・腎』を強くなっていくことで、赤ちゃんが授かりやすくなります。

どれぐらいで妊娠できますか?

ジネコを運営する『バズラボ』が行ったアンケートでは、不妊治療で妊娠までにかかった治療期間の平均は25ヶ月、体外受精で妊娠した人は29.2ヶ月だそうです。(平均年齢34.2歳)

この期間をもっともっと短くできるよう、サツマ薬局ではアドバイスさせていただきます。

 

夫婦ともに20代、お薦めした商品はキッチリ服用して、病院で体外受精をする前に当店に来て体づくりをしたという方であれば、本当に2~3ヶ月であっという間です。

 

2回ぐらいしかお会いしないうちに妊娠される方もおられます。

 

40代半ばで、病院での治療を何度となく重ね、体調がおかしくなってから「身体づくりが必要かも」と思われて来店された場合は、少しお時間がかかります。

 

消耗しきっている場合が多いのでまず、立て直すところから始まります。

 

<漢方のサツマ薬局 スタッフブログ>

【妊活】どれぐらいで妊娠できますか?と聞かれます

 

不妊治療中(妊活中)に飲まない方がいい薬はありますか?

NSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)、とりわけインドメタシンは排卵を障害することから、化学療法は永続的に卵巣機能不全、無精子症の原因になりやすいと言われています。

 

生理痛などで痛み止めとして服用されている方には、やんわり根本的な原因を取り除く方法をご提案しています。

 

※1
NSAIDsとは抗炎症作用、鎮痛作用、解熱作用を有する薬剤の総称
一般的には、疼痛、発熱の治療に使用される“解熱鎮痛薬”とほぼ同義語として用いられています

 

<漢方のサツマ薬局 スタッフブログ>

【驚】その常備薬が実は妊娠を遠ざけていた・・・かも

 

不妊治療中(妊活中)にオススメの食事はありますか?

『まごわやさしい』の食事がオススメです。

 

ま … 豆類
ご … ごま(種実類)
わ … わかめ(海藻類)
や … 野菜(緑黄色野菜、淡色野菜、根菜)
さ … さかな(魚介類)
し … しいたけ(きのこ類)
い … いも類

 

これらの食材を取り入れるのが、不妊治療(妊活)にも食育にも良い食生活となります。

 

<漢方のサツマ薬局 スタッフブログ>

【妊活】食事を気にしてますか??

 

病院で不妊治療中(妊活中)なんですが、カウンセリングを受けれますか?

たくさんの方が病院と併用されていらっしゃいます。

 

病院での不妊治療(妊活)を否定するようなこともございませんので、安心してご相談ください。

 

子宝カウンセラーがオススメ!漢方のサツマ薬局の子宝相談で評判のいい商品はこちら

 

 

ショウキT-1プラス

 

プラセンタ原末SBプラス

 

プラセンタ原末SBプラス

 

プラセンタ原末SBプラス

 

 

 

 

 

子宝相談(妊活相談)は専門の子宝カウンセラーまで、お気軽にご相談ください!
神戸の地で創業100年 漢方のサツマ薬局 | 不妊症について の先頭へ