現在のページ : 神戸の地で創業100年 漢方のサツマ薬局 の ホーム > ご相談の多い症状 - 眼病 - 眼病について

眼病について

目のツボ東洋医学では『肝は目に穴を開く』という言葉があります。

 

これは目が肝臓(内臓)の影響を受けやすい器官だと考えられていることが由来になっており、肝臓の働きが低下すると、目にその症状が現れると言われています。

 

また、『肝は血を蔵す』という言葉があります。


これは目が肝に蓄えられている血の栄養によって働くという意味で、目を酷使すると目の栄養源である血液が過度に消耗され、目に栄養が行きわたらなくなります。


そうすると眼精疲労だけでなく、血行障害による頭痛や肩こりが生じることもあります。

 

 

 

 

主な眼病

 

・白内障

    ・老人性白内障

    ・糖尿病性白内障

    ・アトピー性白内障

・緑内障

    ・閉鎖隅角緑内障

    ・開放隅角緑内障

    ・発達緑内障

・飛蚊症

・黄斑変性症

・翼状片

・仮性近視

・ドライアイ、眼精疲労 など

 

 

 

眼病の発生原因

 

・加齢による抵抗力や免疫力の低下

・パソコンや読書などの目の酷使

・ストレスや紫外線

・栄養障害

・活性酸素の問題 など

眼病の症状

飛蚊症

 

飛蚊症

 

糸くずや小さな虫のようなものが視野の中を移動する

 

老化などで起こり、場合によっては網膜剥離などの重大な病気が存在することもある。

(硝子体剥離、生理的飛蚊症、網膜剥離、硝子体出血、ぶどう膜炎など)

黄斑変性


黄班変性

 

視野の中心部がぼやけたり黒く見えたり、歪んだりする

 

ドロドロの血液が毛細血管が目詰まりすると新生血管が生まれ、これが破けて出血する。

 

 

 

 

白内障

 

白内障

 

物がぼやけたり、かすんだりする

 

老化のほか、糖尿病、栄養失調、薬の副作用などで起こる。

活性酸素が水晶体のタンパク質を酸化タンパク質にし、水晶体が白く濁る。

 

 

 

緑内障

 

緑内障

 

視野狭窄は両目にかけて起こり、鼻側から欠けていく

 

眼圧上昇による眼内の血液循環悪化で視神経が障害され、視野異常や視力低下を起こす。

(閉鎖隅角緑内障、開放隅角緑内障、発達緑内障など)

 

 

 

網膜剥離とその自覚症状

 

網膜剥離の自覚症状1 飛蚊症

 

①飛蚊症

 

ある日突然、視野に黒いものが現れ、ちらつき始める

 

 

 

 

網膜剥離の自覚症状2 光視症


②光視症

 

暗いところにいたり、目を閉じた時、視野の隅に光が走る

 

 

 

網膜剥離の自覚症状3 視野欠損

 

③視野欠損

 

視野の隅の方から欠け始め、 次第に見えない部分が広がる

神戸の地で創業100年 漢方のサツマ薬局 | 眼病について の先頭へ