現在のページ : 神戸の地で創業100年 漢方のサツマ薬局 の ホーム > ご相談の多い症状 - がん - 大腸がん

大腸がんとは

大腸がんは、早期であればほぼ完治しますが、一般的には自覚症状はありません。

 

したがって、無症状の時期に発見することが重要となります。最近では、がんセンターで手術を受けた30%近くの方が便潜血反応で発見されています。したがって、40歳を過ぎたらこの検診を受けることをお勧めします。

 

血液検査で腫瘍マーカー(CEA、CA19-9)の異常値で見つかることもあります。

大腸がんの自覚症状

血便、便が細くなる(便柱細少)、残便感、腹痛、下痢と便秘の繰り返しなど排便に関する症状が多く、これらはS状結腸や直腸に発生したがんにおきやすい症状です。


中でも血便の頻度が高く、これはがんの中心が潰瘍となり出血がおきるためです。痔と勘違いして受診が遅れることもありますので注意しましょう。

 

がんによる血便では肛門痛がなく、暗赤色の血液が便に混じったり、ときに黒い血塊が出るなどの特徴があります。

 

肛門から離れた盲腸がんや上行結腸がんでは血便を自覚することは少なく、貧血症状があらわれてはじめて気がつくこともあります。腸の内腔が狭くなりおこる腹痛や腹鳴、腹部膨満感や痛みを伴うしこりが初発症状のこともあります。

神戸の地で創業100年 漢方のサツマ薬局 | 大腸がん の先頭へ