現在のページ : 神戸の地で創業100年 漢方のサツマ薬局 の ホーム > ご相談の多い症状 - 便秘症・宿便 - 便秘症に効果的なマッサージ・ツボ

便秘症に効果的なマッサージ

腸もみマッサージは、直接腸を刺激することによって、腸全体の蠕動運動を促進させます。

 

腸全体を刺激することにより、お腹の深部にあるリンパ管も同時にほぐし、新陳代謝を高めて、より体の老廃物を排出させる手助けとなるのです。

 

マッサージを続けることによって、体がポカポカし、代謝が上がっている感覚が次第に分かるようになります。

 

腸もみには色々な方法がありますが、いつでも簡単にでき、便秘解消だけでなく、ダイエットやむくみ解消にも効果的ですので、是非毎日の生活に取り入れてください。

 

お風呂上りのリラックスした時間に行うのが一番効果的です。

 

ただし、食後30分以内、飲酒時、生理中、妊娠中などはしないよう、気をつけてください。

 

 

 

〔腸全体〕3分程度行う方法

 

1. 仰向けに膝を立てて寝る

2. 両手を使ってお腹全体を波打たせるように上下に動かす。少し強めに行う。

 

 

 

〔小腸〕5分程度行う方法

 

1. 仰向けに寝る

2. おへそを中心に直径3㎝ほどの円を時計回りに描くように揉み押していく。

3. 痛みや張りを感じた箇所は重点的にもむようにする

 

 

 

〔大腸〕30~40回程度行う方法

 

1. 寝そべった状態で膝を曲げ、左足に右足をかけ、足を組む。

2. 右側を下にして横に寝る

3. 左脇腹の一帯を左手でゆっくりもみほぐす。肋骨の下から腰の付け根辺りまでまんべんなく行います。

便秘症に効果的なツボ

手軽にできる便秘解消のツボをご紹介しますので、是非ツボの場所を覚えてください。

 

ツボ押しの際のポイントは、1カ所につき1分半~2分程を目安に、息を吐きながらイタ気持ち良い位の強さで押し、吸う時には力を抜くこと。

 

妊娠中やツボ周辺に怪我がある場合、食後30分以内、飲酒時、発熱時、手術後などは行わないでください。

 

 

 

便秘症に効果的なツボ

 

 

 

身体のツボ

 

天枢(てんす)

 

おへその両わき外側へ、指幅3本ずれたところです。

 

このツボを上下にさするように、お腹が温かくなる感じがするマッサージを続けることで、大腸の失調を回復させます。

 

 

 

手のツボ

 

第2二間(だいにじかん)

 

人差し指の付け根、中指側のわきにあるツボです。

 

刺激を加えると消化器官系の働きが高まり、腸を元気に戻すことで排便に繋がるので、毎朝食時の後、ここをよく揉むようにします。

 

 

合谷(ごうこく)

 

親指と人差し指の付け根の骨が交わるところの内側です。

 

トイレに行く時(トイレに座って)、このツボを反対側の手の親指と人差し指ではさんで揉みます。

 

大腸の働きを調整し、排便を通して体の解毒作用を活発にしてくれるツボです。

 

 

 

足のツボ

 

足三里(あしさんり)

 

ひざから指幅4本下がったところで、すねの外側にあるふくらみ(頸骨)のへりです。

 

胃腸を整え、心身への栄養補給を促します。

神戸の地で創業100年 漢方のサツマ薬局 | 便秘症に効果的なマッサージ・ツボ の先頭へ