現在のページ : 神戸の地で創業100年 漢方のサツマ薬局 の ホーム > ご相談の多い症状 - 便秘症・宿便 - 便秘症が原因で起こる病気

便秘症が原因で起こる病気

・痔

・腹痛

・アレルギー

・ニキビ・吹き出物

・疲労・倦怠感

・体臭・口臭

・動脈硬化

・大腸がん

・大腸ポリープ

・腸閉塞

 

 

 

便秘症と肌荒れ・ニキビ

 

便秘症になると肌荒れやニキビ、くすみなどの肌トラブルに繋がりやすいと言われています。

 

お肌と腸は密接な関係にあり、「肌は内臓の鏡」と言われています。

 

便秘になると腸内に溜まった老廃物が有害物質を生み、その有害物質が腸壁から吸収され、それらが血液によって体内を巡っていくため、ニキビや肌荒れに繋がるのです。

 

便秘は美肌の大敵です!

 

 

 

便秘症と体臭・口臭

 

口臭、体臭の原因は腸の健康と深い関係があります。

 

特に、『善玉菌』と『悪玉菌』が影響しています。

 

 

便秘になると、『悪玉菌』が優勢になります。(※善玉菌と悪玉菌を参照)

 

その『悪玉菌』がアンモニアやメチルメルカプタンという有害ガス(このガスが、肛門から出るとオナラです)を発生させ、この有毒ガスは腸壁から血液中に取り込まれて、全身に運ばれます。

 

血管から肺に入れば口臭となり、汗腺から出れば体臭となります。

神戸の地で創業100年 漢方のサツマ薬局 | 便秘症が原因で起こる病気 の先頭へ