現在のページ : 神戸の地で創業100年 漢方のサツマ薬局 の ホーム > ご相談の多い症状 - 便秘症・宿便 - 女性と便秘症の関係

女性と便秘症の関係

便秘症を訴える方に、女性に多いことが知られています。

 

腹筋の働きが弱いことなどもありますが、何より大きな原因は女性特有の身体の仕組みにあります。

 

女性の血行・ホルモンバランスを司る子宮は、大腸の近くにあるため、子宮の働きが乱れると腹部全体の血行が悪くなり、大腸の働きも乱れて便秘の原因となってしまうのです。

 

 

『生理の前後には必ず便秘になる』『更年期になって排便の調子が乱れてきた』といった訴えが多く見られるのも、このような女性特有の身体の仕組みと深い関係があるのです。

 

 

 

妊娠中の便秘症

 

妊娠中の便秘症には、女性ホルモンが関係しています。

 

妊娠すると女性ホルモンである黄体ホルモン(生理前にも分泌されるホルモン)の分泌が盛んになり、それらが腸の動きを抑制します。

 

そのため、妊娠中や生理前は便秘症になりやすいというわけです。

 

また、大きくなった子宮が腸を圧迫することも便秘症の原因であると考えられています。

神戸の地で創業100年 漢方のサツマ薬局 | 女性と便秘症の関係 の先頭へ